今だけ学生プライム会員6ヶ月無料体験できます(6月21日からのプライムデー開催の今がチャンス)

【徹底比較】AirPodsProVSゼンハイザーmomentum2

最近大人気のガジェットジャンル

完全ワイヤレスイヤホン

今回はその中でも大人気のワイヤレスイヤホンである

AirPodsProゼンハイザーmomentum2を徹底比較しました。

高級イヤホンに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

悩む人

信用できる情報なの?

きば

両方持っている私が比較したのでご安心を。

目次

性能紹介価格は?バッテリーは?

この表からわかるようにどちらのイヤホンも定価が三万円を超える高級モデルです。

そのためノイキャンや外部音取り込みなども標準搭載しており、場所を問わず音楽を楽しむことができます。

両者で大きく異なるのはバッテリー持ちでしょうかね。

momentum2はイヤホン単体で7時間再生が可能なので、かなりロングバッテリーといえます。

逆にAirPodsProは単体で4.5時間再生なので、少し短めかなという印象です。

コーデックに関してもaptXまで対応している

momentum2の方がiOSとandroidどちらでも楽しめるかと思います。

※コーデックとは無線通信の圧縮方式のことです。

続いては実機レビューを紹介します。

実機レビュー両者を正直に比較

左:AirPodsPro 右:momentum2

まずはケースサイズの比較です。

AirPodsProはシリコンケースに入れてある状態ですが

比較するとmomentum2の方が1.5倍ほど大きいですね。

どちらもポケットに収まるほどの大きさなので携帯性は十分にあると思います。

きば

コンパクトで持ち運びしやすい!

ケースの質感はプラスチック感が否めないAirPodsProに対して

ファブリック素材のmomentum2は高級感がありますね。

開けてみるとこんな感じ。

どちらもマグネットでイヤホンの着脱を支えているので、逆さにしても落ちません。

開閉はどちらもスムーズでケースのフタがカパカパすることはないです。

取り出してみるとこんな感じ。

イヤホン本体のサイズ感は同じくらいですかね。

どちらもかなりコンパクトで耳へのおさまりも良好です。

AirPodsProは物理ボタン、momentum2はタッチセンサーで操作を行えます。

両者とも操作感度はよく、とても操作しやすいです。

性能比較

今回は両者を比較するにあたって、5つの項目を設けました。

  • 音質
  • ノイズキャンセリング
  • 外部音取り込み
  • 装着感
  • 操作性

それでは項目ごとに比較したいと思います。

音質

音質
ボーカルの声
70点
中高音
75点
低音
60点

まずはAirPodsProの評価です。

音質は三万円を超すワイヤレスイヤホンの中では物足りなさを感じると思います。

特に低音は迫力に欠けますね。

ただし、音質自体は解像度が高く

中高音域は聴いていて気持ちのいい伸びを感じることができました。

続いてmomentum2の評価です。

やはりmomentum2の方が圧倒的に音質はいいですね。

業界トップクラスの音質と評価されるだけあって

高音の伸び、ボーカルのキレイな声、立体感のある低音をすべてクリアしています。

ゼンハイザーの特徴でもある空間的な音作りは

ジュワーっと広がるような音に包まれて心地が良いです。

きば

聴いた瞬間に良い音!ってなりました

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング
パッシブ
80点
アクティブ
90点
ノイズキャンセリング
  • パッシブノイズキャンセリング:物理的に環境音を遮断する機能(耳栓)
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC):環境音を機械的に取り除く機能

AirPodsProはイヤホン自体の遮音性が高く、パッシブだけでも周囲の音は聞こえにくくなりますが、

アクティブノイズキャンセリングをオンにすることで環境音をサッと取り除き静寂な空間を作り出してくれます。

特に地下鉄などの低音域の騒音は強力にかき消してくれるので、通学などで活躍してくれます。

momentum2はパッシブノイズキャンセリングが結構強力です。

そのためアクティブノイズキャンセリングをオンにしなくても大体の環境音は気にならないのですが、

オンにすることで細かなノイズをかき消してくれるので音楽に集中できます。

両者のノイキャンを比べると、AirPodsProのほうがより強力に環境音をかき消してくれるので、

通勤通学などの騒音の中で音楽を聴く際にはAirPodsProの方が適していると思いました。

外部音取り込み

外部音取り込み
音のクリアさ
90点
会話のしやすさ
90点

AirPodsProの外部音取り込み機能はまるでイヤホンを装着していないほど自然なので

普通に日常会話を行える完成度だといえます。

きば

コンビニでも外さずに買い物ができます

momentum2の方は聞こえる音はかなりクリアなのですが、自分の声がややこもって聞こえるのが気になりました。

あと、ボリュームも小さめなので買い物などで会話する際にはAirPodsProのほうが向いていると思いました。

装着感

装着感
フィット感
85点
疲れにくさ
90点

装着感はどちらのイヤホンもかなり優れていると感じました。

両者とも人間工学に基づいてどんな耳型にもフィットするようになっているので

安心して装着できます。

ただ、momentum2はイヤホン本体がサラサラしているので装着時に落とさないように注意が必要です。

どちらも軽いので、長時間装着していても耳が痛くなることはありませんでした。

きば

装着感はどちらも優秀です

操作性

操作性
イヤホン操作
85点
カスタマイズ
70点

最後は操作性についてです。

AirPodsProはイヤホン単体で音量調節ができないので

音量の操作はiPhoneかアップルウォッチなどで行う必要があります。

momentum2は音量調節までイヤホン単体で行えるので、スムーズな操作が可能です。

カスタマイズはAirPodsProの場合イコライザーカスタムや専用アプリがないのですが、

設定アプリのアクセシビリティからオーディオセットを選択することで少しだけカスタムができます。

momentum2は専用アプリ『SmartControl』が用意されているので

イコライザーカスタムやイヤホン操作のカスタムが可能です。

momentum2の方が音質も高いうえに自分好みのサウンドにカスタムできるので

音楽をより楽しむことができると思いました。

momentum2は下の記事で詳細レビューしてます。

>【レビュー】ゼンハイザーのmomentum2は最強なのか

こんな人におすすめ

AirPodsProがおすすめな人

AirPodsProの特徴として

  • 強力なノイズキャンセリング
  • 自然な外部音取り込み
  • iPhoneとのスムーズな連携機能

が魅力なので

iPhoneユーザーの方や通勤通学で音楽を聴きたい方には非常におすすめです。

とにかくノイキャンと外部音取り込みを体験したい方には

間違いなく刺さるイヤホンだと思います。

>公式サイトはコチラ

きば

最初に使った時は感動しました

momentum2がおすすめな人

momentum2の特徴は以下の通り。

  • 最高峰の音質
  • カスタムと操作性の高さ
  • ロングバッテリー

ワイヤレスイヤホンでの最高音質を体感したい方はぜひ一度試すべき価値のある一台だと思います。

値段はかなり高いですが、それに見合った価値は十分に感じることができています。

ノイキャンと外部音取り込み搭載で屋外でもマルチに使える利便性も兼ね備えているため

完成度の非常に高いイヤホンといえるでしょう。

>公式サイトはコチラ

きば

業界トップクラスの音質は圧巻です

ライターからひと言2台を普段使いしてみて

今回は大人気の完全ワイヤレスイヤホン

AirPodsProとゼンハイザーのmomentum2を比較してみました。

どちらも人気の理由がうかがえる完成度の高いモデルでしたね。

この記事があなたの参考になればうれしいです。

余談ですが、

この二台を持っている私の普段の使い方としては

外出時やウォーキングにはAirPodsProを

ブログ作業や音楽鑑賞用にはmomentum2を使っています。

使用用途で分けてワイヤレスイヤホンを使うなんて

なんだか贅沢な気がしますが、

どちらも買ってよかったと思っています。

こんな使い方もありかもですね。

今回は以上になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる