MENU
Category
今だけ!学生プライム会員6ヶ月無料体験できるチャンス!(プライムビデオや配送サービスも使い放題)

【SONY】WH1000XM4を有線で2倍楽しむ方法を紹介【無線だけじゃない!!】

悩む人

最近人気が上がっているワイヤレスヘッドホンが気になる。

悩む人

SONYのヘッドホンがいいって聞いたけど、詳しく知りたいな。

確かにワイヤレスヘッドホンの人気はじわじわ上がってきていますが、

その中でもSONYのWH-1000XM4は圧倒的人気を誇る神ヘッドホンといえます。

今回はそんなWH-1000XM4の魅力と知られざる有線接続の楽しみ方をご紹介します。

記事の後半でWH-1000XM4をお得に買う方法を紹介してますので是非ご覧ください。

目次

WH-1000XM4の実機レビュー

まずはWH-1000XM4を知ってもらうために実機レビューをしていきます。

スペックと同梱物

WH-1000XM4に同梱されているものは以下の通りです。

同梱物
  • ヘッドホン本体
  • キャリングケース
  • USBType-Cケーブル
  • ヘッドホンケーブル
  • 航空機用プラグアダプタ
  • 取扱説明書
  • 保証書

付属品はすべてキャリングケースに収納できるのでとても便利です。

また、航空機用のプラグアダプタがついているので、海外旅行などの長距離移動でも大活躍してくれます。

充電はType-Cケーブルで行い、急速充電にも対応しています。(10分で5時間再生可能)

続いて、製品スペックをまとめると以下の通りです。

スペック
  • 密閉ダイナミック型
  • 対応コーデック:AAC/SBC/LDAC
  • Bluetooth規格:5.0
  • 再生時間:30時間(ANCあり)/38時間(ANCなし)
  • アクティブノイズキャンセリング搭載
  • 外部音取り込み機能搭載
  • 急速充電対応
  • DSEE EXTREME搭載

スペックからわかるように、

ノイキャンや外部音取り込み、急速充電まで対応した全部入りのヘッドホンに仕上がっています。

連続再生時間もノイキャンONにした状態で30時間もあるので、十分なバッテリー持ちだといえるでしょう。

外で使うことが多い方にもかなりおすすめできる商品だと思います。

>WH-1000XM4を詳しく見る

ノイキャンが超強力

まずこのWH-1000XM4を装着してみて思ったことは「ノイキャンが超強い!」でしたね。

前作のM3からさらに進化したノイズキャンセリングプロセッサーが毎秒700回以上センシングを行い、

常にノイキャンを最適化してくれるため、ヘッドホンを装着するだけで周りが静寂に包まれます。

また、私はAirPodsProも持っているので比較してみたところ、

WH-1000XM4のほうが強力かつ圧迫感がなく、より優秀に感じました。

勝手にイヤホンのほうがノイキャンが強いというイメージがあったのですが、完全に覆されましたね(笑)

一部でノイキャンが強力過ぎて、音楽にまで干渉してしまうモデルはありますが、

WH-1000XM4はそんなことはありませんでした。

常にノイズをカットした状態で、非常にクリアで豊かな音楽を楽しむことができます。

一方で外部音取り込み機能については、これまたAirPodsProと比較すると、AirPodsProの方が優秀に感じました。

WH-1000XM4の外部音取り込みは少し機械っぽさが残っていて、自然な取り込みとは言えないと思います。

ですが、聞き取りやちょっとした会話をするうえでは問題のないクオリティなので、そこまで悪い印象はないです。

文句なしの高音質

ソニーと言ったらやっぱり高音質が最大の魅力ですよね。

その技術はもちろんWH-1000XM4にも集約されています。

WH-1000XM4にはDSEE EXTREMEという機能が搭載されており、

なんと、AmazonMusicやSpotify、AppleMusicなどといった

音楽ストリーミングサービスで提供されている音楽をハイレゾ相当で楽しむことができてしまいます。

これ、結構スゴイ機能ですよね。

実際に聴いてみた感想としては、音の立体感、明瞭感、迫力といった音楽を楽しむための要素がとても充実していて

まるでその場にいるかのような音楽体験をすることができました。

安いイヤホンなどでは聞こえなかった小さな音までリアルに再現しているので、「この曲こんな音出てたの?」という発見もありますよ。

ワイヤレスヘッドホンとしての機能を全て兼ね備えた強力なモデルだなと素直に認めてしまう素晴らしい商品でした。

>WH-1000XM4を詳しく見る

有線接続で2倍楽しむ方法

Bluetoothによる無線接続でも十分に素晴らしいWH-1000XM4ですが、

あえて有線接続することでさらに一段階上の音楽体験をすることができます。

ここではそんな有線接続のおすすめの使い方をご紹介します。

iPhoneは変換アダプタが必要

まず、iPhoneで有線接続をする場合にはLightning-3.5mmヘッドホンジャックアダプタが必要になります。

※androidのスマホは3.5㎜ヘッドホンジャックがついていれば必要ありません。

価格は1000円程なので私は即購入しました。

せっかくなら有線接続でも楽しんでみたいというオーディオ好きは間違いなく購入すべきですよ!

>Lightning-3.5mmヘッドホンジャックアダプタはコチラ

超高音質で音楽を楽しむ

有線接続を使ってぜひ体験してほしいのが超高音質での音楽体験。

2021年6月からAppleMusicでもロスレスオーディオの配信が始まり、

音楽ストリーミングサービスでもさらに高音質な音楽を聴くことができるようになりました。

今回私がおすすめする音楽ストリーミングサービスはAppleMusicAmazonMusicHDの2つです

それではひとつずつ紹介していきます。

AppleMusic

AppleMusicはその名の通りアップルが提供している音楽ストリーミングサービスです。

特徴としてはロスレスオーディオとハイレゾロスレスの音源を聴けるというところ。

ハイレゾロスレスはDAPが別途必要になるため実際に聴くにはかなりコストがかかりますが、

ロスレスオーディオならこの有線接続で楽しむことができます。

WH-1000XM4を有線接続にしてこのロスレスオーディオで再生をすると

Bluetooth接続時には聞こえなかった細かな表現や、芯のあるサウンドを体感することができます。

「分かるほどの違いはあるの?」

こう思う方も多いと思いますが、私は自信を持って違うと断言できます。

有線接続なので、音もパワフルになりますし、満足感もグッと上がります。

実際に家にいるときは必ず有線接続にして音楽鑑賞をするほどハマってしまいました(笑)

有線接続×ロスレスは非常に満足度の高い音楽体験ができるので、ぜひ試していただきたいです。

\ 3か月無料体験 /

AmazonMusicHD

AmazonMusicHDはAmazonが提供している音楽ストリーミングサービスです。

特徴としてはUltra HDと呼ばれる業界最高クラスの高音質音源を提供しているというところ。

これにより有線接続時にはストリーミング標準音質の2倍以上の音質で楽しむことができます。

さらに、AmazonMusicにはSONYの360°リアリティオーディオという立体音響に対応した楽曲もリリースされているので

より臨場感のあるサウンドを体感することができます。

また、AmazonMusicHDは2021年6月から980円に値下げ(プライム会員は780円)されたのでより利用しやすくなりました。

これまでは月額2000円を超えていたので、とても助かる値下げとなりましたね。

※かなりAppleMusicを意識していると思われる(笑)

AmazonMusicHDはスピーカーでも違いが分かるほど音質が高くなるので、無料体験期間だけでも体験してほしいです。

\ 1か月無料体験 /

学生の方ならさらにお得な料金で利用できるPrime Studentも用意されています!ぜひチェックしてみてください!

>WH-1000XM4を詳しく見る

大迫力で映画を楽しもう

有線接続のおすすめの使い方といったら動画は外せませんよね。

遅延のない有線接続だからこそ、映画やアニメなど様々な動画を大迫力で楽しむことができます。

中でも映画はまるで映画館で観ているような臨場感あふれるサウンドを体感できます。

私はマーベル映画が好きなのでアベンジャーズなどはこの有線接続で楽しみました。

動画配信サービスで私が一番おすすめなのはAmazonのPrimeVideoです。

プライム会員であれば誰でも視聴可能ですし、作品数も他のサブスクリプションサービスと比べても劣りません。

最新アニメの配信もされているので、映画もアニメも楽しみたい方にピッタリです。

>PrimeVideoを詳しく見る

お得に買うアイデア3選

ここまでWH-1000XM4の魅力をお伝えしてきましたが、皆さんもお気づきの通り

このヘッドホンは決して安いとは言えない価格の商品です。(定価:44,000円)

そこで、ここまで読んでいただいた方のために

私が厳選したできるだけ安く買うためのアイデアを3つ紹介させていただきます。

早速ですが、3つのアイデアは以下の通り。

  1. ハピタスを経由して購入
  2. ペイペイモールで購入
  3. Amazonで購入

この3つです。それではひとつずつ見ていきましょう。

ハピタスを経由して購入

ハピタスとはセルフバックができるポイントサイトです。

幅広いオンラインストアを網羅しており、ネットショッピングをする際に

このハピタスを経由してから購入するだけで数パーセントのポイントバックが受けられます。

例えばビックカメラならハピタス経由で1.2%還元なので約400円程安く買えます。

それぞれのオンラインストアのセールに合わせて購入すればさらに割引が狙えるので、知っておいて損はないサービスです。

ペイペイモールで購入

ヤフーショッピング系列のペイペイモールはPayPayによる支払いでたくさんPayPayボーナスがもらえます。

ヤフープレミアム会員であれば、毎週日曜日は15%還元になるほか、超PayPay祭では30%以上の還元が用意されています。

セール時期を見極めて購入すれば、定価の30%以上で買えることもある強力なオンラインストアです。

さらに先ほど紹介したハピタスを経由することで+1%の還元も受けられるので、購入の際は忘れずに経由しましょう。

Amazonで購入

「Amazonで購入って普通だね」

そう思われてしまいそうですが、

そもそもAmazonでは定価の10,000円引きの33,500円で購入することができるため、他のストアよりもかなりお得です。

それにプラスしてサービスを組み合わせることで、さらに割引することができます。

今回組み合わせるサービスは以下の通り。

  1. Amazonチャージ
  2. Amazonクラシックカード

この2つです。それでは詳しく見ていきましょう。

Amazonチャージ

Amazonチャージはその名の通り現金をアカウントにチャージすることによってAmazon内で買い物ができるというもの。

このサービスの良いところは現金でチャージすることで最大2.5%のポイント還元が受けれられるということ。

例えばWH-1000XM4を買うために40,000円チャージすると2%の還元、つまり800円がポイントでもらえます。

Amazonでよく買い物をするという方はこのAmazonチャージでポイント還元が受けられるのでぜひ試してみてください。

Amazonクラシックカード

AmazonクラシックカードはAmazonが提供するクレジットカードのサービスです。

このカードはAmazon内の買い物で2%の還元が毎回もらえます。

さらに、カード発行時に5,000ポイントがもらえるため

まだ作っていないという方は5,000円引きでWH-1000XM4を手に入れることができます。

以上2つを組み合わせると、カード初回発行時に限りますが

27,700円でWH-1000XM4を購入することができます。

これは超PayPay祭にも勝る割引率ですので、ぜひ実践してみてください。

>WH-1000XM4を詳しく見る

ライターからひと言

今回はSONYのWH-1000XM4の魅力と有線接続の可能性についてご紹介しました。

このヘッドホンは非常に完成度が高く、家でも外でも活躍してくれる万能モデルだと改めて実感しています。

「ノイキャン付きヘッドホンが欲しい」

「高音質で音楽を楽しみたい」

こんな方にはとてもおすすめできるモデルに仕上がっているのでぜひチェックしてみてください。

ちなみにカラーはブラック・プラチナシルバー・サイレントホワイト(限定)の三色展開です。

どれもオシャレでファッションアイテムとしても成立するデザインなので、男女問わず人気があるのも頷けます。

私自身、本当に買ってよかった物ベスト3に入るくらい良い商品に出会えたと思っているので

今回はかなりの熱量で紹介させていただきました。

それでは、今回は以上になります。

お疲れ様でした。

>WH-1000XM4を詳しく見る


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる