コレを知らないあなたは損しているかも?詳しくはコチラ

【アガる!】大迫力の重低音が楽しめる完全ワイヤレスイヤホン5選

悩む人

完全ワイヤレスイヤホンでもEDMとか激しい曲を楽しみたい!!

悩む人

それな!でも完全ワイヤレスイヤホンって迫力がイマイチじゃない?

確かに完全ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンに比べて、迫力が欠けるといわれることもあります。

しかし、近年リリースされているワイヤレスイヤホンはかなり優秀なものばかりなんです。

そこで今回はワイヤレスイヤホンイヤホンの中でも

特に大迫力のサウンドを聴かせてくれるモデルたちを厳選してご紹介します。

No.1:WF-XB700 (SONY)

www.sony.jp
  • 迫力の重低音を生み出すEXTRA BASSサウンド
  • 雨や汗に強いIPX4相当の優れた防滴性能
  • 長時間装着も可能な軽量ボディ

ソニーから出た低音強化の完全ワイヤレスイヤホンがコチラのモデルです。

独自のEXTRA BASSサウンドは大迫力の重低音とクリアな高音表現に優れており、臨場感をダイレクトに伝えてくれます。

IPX4相当の防水耐性で外出先での不測の雨などにも大丈夫な仕様になっているため、屋外でもアクティブに使うことができます。

\ SONYの低音強化モデル /

No.2:Sport Earbuds (BOSE)

www.bose.co.jp
  • BOSEの特許技術による臨場感あふれる大迫力のサウンド
  • スポーツに適したフィット感の良さとタフさ
  • タッチセンサ搭載・ビームフォーミングによるクリアな通話

BOSEが定評のある音質の高さと迫力のある低音を楽しむことができるモデルです。スポーツ用に開発されたモデルなので普段のワークアウトで使えるタフな仕様になっています。

スポーツ×音楽をしっかりと計算して作られた、イヤーチップの装着感は非常にいいものになっています。トレーニング中に臨場感のあるサウンドを楽しむことができるのでより一層テンションを上げてくれますよ。

\ スポーツ×音楽の定番 /

No.3:ATH-CKS5TW (audio-technica)

www.audio-technica.co.jp
  • SOLID BASSシリーズの鮮やかな重低音サウンド
  • 抜群のフィット感をもたらす装着機構
  • イヤホン単体15時間再生のロングバッテリー

オーディオテクニカの低音特化部門であるSOLID BASSシリーズの完全ワイヤレスイヤホンになります。

最大の特徴は硬度の違う二枚の振動板を使用した大経口(10㎜)ドライバーによる迫力の重低音です。二枚の振動板により、中高音域の鮮明さを際立たせることにも成功しています。

イヤホン単体で行える操作も多いのでスムーズなコントロールが可能です。

\ オーテク重低音モデル /

No.4:HA-XC90T (JVCケンウッド)

www.jvc.com
  • 業界最大級12㎜ドライバーの圧巻の重低音サウンド
  • 防塵・防水・耐衝撃の「TRIPLE PROOF」タフボディ
  • イヤホン本体15時間再生・ケース込み最大45時間再生

JVCケンウッドの最新重低音モデルのHA-XC90Tは完全ワイヤレスイヤホン業界で最大級の大きさの12㎜のドライバーを搭載しています。この大経口ドライバーと独立音響チャンバーによってリアルな重低音サウンドを実現しています。

IPX5.5相当のタフボディでアウトドア・ストリートとアクティブな場面でも活躍してくれます。充電ケースはアルミ製の高級感あふれる仕上がりになっており、リングとロック機構も搭載されていて機能性も兼ね備えています。

\ 超タフなド迫力モデル /

No.5:Soundcore Liberty 2 Pro (ANKER)

www.ankerjapan.com
  • 独自の同軸音響構造(A.C.A.A)による厚みのある低音と高音の伸びの良さ
  • アプリでのイコライザーカスタマイズ
  • 本体8時間・ケース込み32時間再生・ワイヤレス充電対応

アンカーのフラグシップモデルのSoundcore Liberty 2 Proはバランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した独自の同軸音響構造(A.C.A.A)により、今までにないサウンドを実現しています。

中でも厚みのある低音は圧巻で、鼓膜にまでドンドンと伝わってくる重低音はクセになりますよ。高音の伸びと細部までの表現力にも優れているので、オールジャンルを楽しめるモデルです。

アプリのイコライザーカスタムで自分の思い通りのサウンドにカスタマイズができるのもこのモデルの魅力。このイヤホンを監修した10人のグラミー賞受賞プロデューサーたちのオリジナルイコライザーも楽しめます。

\ アンカーのフラグシップモデル /

ライターからひと言

いかがだったでしょうか。

今回はEDMやロックの臨場感が楽しめる、重低音重視の完全ワイヤレスイヤホンをご紹介しました。

重低音は曲の立体感や厚みを表現するために重要な要素です。

重低音に強いモデルは臨場感を上手に演出してくれるので、テンションが上がること間違いなし。

ぜひパワフルなサウンドを楽しんでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!