今だけ学生プライム会員6ヶ月無料体験できます(Amazon Music Unlimited 6ヶ月無料付き)

【コスパ最強】一万円以下で配信用マイクをお探しの方へ

私も今日から配信者

こんな言葉を聞いてもあまり驚かないほどに

一般人がライブ配信や音声配信を行うことは一般的になりましたよね。

実は私もつい最近配信者になりまして、stand.fmという個人でラジオ配信ができるアプリでラジオ番組をやっています。

良かったらこのページの一番下の方で紹介しているので、聴いていただけると嬉しいです。

ということで今回は私が実際に購入したマイクとUSB変換アダプタを紹介します。

複数商品を吟味してから購入した、かなりコスパの良い商品なのでぜひ参考にどうぞ。

目次

FIFINE T669単一指向性コンデンサーマイク

私が購入したのはFIFINEのT669になります。

こちらはコンデンサーマイクという種類のマイクでして、

一般的にカラオケなどで使われるのがダイナミックマイク

歌手がレコーディングで使っているのがコンデンサーマイクというと分かりやすいかと思います。

コンデンサーマイクは繊細な音まで拾い、音質も高いため一般的には高価です。

ですがこのT669はそんな常識を覆すコストパフォーマンスの持ち主。

それではT669を詳しく見ていきましょう。

本体と付属品

私はAmazonで購入しましたが、注文から二日で届いたのでかなりスピーディーにゲットすることができました。

中を開けるとこんな感じで、ぎっしりとパーツが詰まっています。

入っていたものをまとめると以下の通りです。

セット内容
  • ショックマウント
  • マイク本体
  • デスクトップアームスタンド
  • ポップフィルター
  • ピボットマウント
  • USBケーブル
  • 三脚スタンド
  • マイク風防
  • Cクランプ

本格マイクに見劣りしないほどのセット内容で、正直この時点で買ってよかったって思いましたね。

T669は三脚スタンドとアームスタンドの両方を使うことができるので自分の環境に合わせた収録が可能です。

ちなみに私は三脚スタンドを使って収録しています。

>T669をAmazonで見てみる

ラジオ収録では三脚スタンドの方が使い勝手が良いので使っていますが、ゲーム実況などに使う場合はアームスタンドの方が適していると思いました。

設定方法

設定といってもT669はUSBケーブルをパソコンに挿すだけなので操作自体はとても簡単です。

WindowsでもMacでもUSBケーブル接続時に自動でドライバーがインストールされるので、すぐに収録することができます。

ただし、Macの場合はUSBタイプCポートのみでT669のUSB3.0ケーブルを挿入できないため、別売りの変換アダプタが必要です。

>アンカー変換アダプタはコチラ

次にiPhoneで収録する場合の手順をご紹介します。

iPhoneで収録する場合

Mac同様に変換アダプタが必要になりますが、iPhoneの場合はライトニングケーブルの変換アダプタを使用します。

アップル純正は5000円くらいするので、今回は互換品を購入しました。

>変換アダプタはコチラ

このようにUSB A3.0のポートと電源用のライトニングポートがあります。

これらをつないでiPhoneのライトニングポートに挿入すれば準備完了になります。

実機レビュー

ここでは実際にT669を使ってみての正直なレビューをしていきたいと思います。

音質

今までiPhone付属品のEarpodsLightningを使っていたので音質は劇的に良くなったのを実感することができました。

特に音のクリアさと繊細な音まで拾ってくれる高感度のマイク性能が最高です。

私は初めてのコンデンサーマイクがこのT669だったので、ほかのコンデンサーマイクと比較はできないのですが、家で収録する場合は十分な性能だと思いました。

使いやすさ

T669は最初に紹介した通り、三脚スタンドとアームスタンドの両方を使うことができるので、収録環境に合わせて柔軟に変えられ、とても便利だと思いました。

また、ケーブル1つで簡単に収録をスタートできるのも非常に便利です。

コストパフォーマンス

今回私はT669と変換アダプタをあわせて8000円程で購入しました。

設備投資としてはなかなか満足のいく結果だったのではないかと思います。

やはりコンデンサーマイクの相場が高いため5000円以下に抑えるのは厳しかったのですが

性能の高さや使いやすさは非常に満足できる内容でよかったです。

これからどんどん使っていきたいと思います。

ライターからひと言

今回は1万円以下で始められる配信用マイクをご紹介しました。

コスパはかなり高く、いい買い物ができたと思っています。

iPhoneで収録したい、手軽に配信を始めたいという方にはとてもマッチしていると感じました。

最近話題のclubhouseや私が使っているstand.fmのように音声コンテンツはこれから成長していく可能性を秘めています。

そのため、市場がまだ小さい今だからこそ配信者としてデビューする価値があるのではないでしょうか。

皆さんも今日から配信者として活動してみてください。

きっといいことありますよ。

今回は以上になります。

お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる